​遺 跡
tomoko3.png

サルデーニャは考古学好きな方にはたくさんの見所があり、すごく興味深いところです。

島を車で走っているとあちらこちらに遺跡が見られます。代表的なものは先史時代の石の建物、ヌラーゲ。

ネクロポリス(共同墓地の遺跡)、町の遺跡など。島の歴史を見て回りましょう。

Monte d'accordi1(サッサリ県オッターヴァ)
Monte d'accordi1(サッサリ県オッターヴァ)

祭壇、集落、お墓からなる考古学遺跡。ヨーロッパ唯一のジグラット(古代メソポタミアにおいて、日乾煉瓦を用い数階層に組み上げて建てられた巨大な聖塔)。”階段状の寺院”と呼ばれる切頭ピラミッド。

press to zoom
Monte d'accordi2(サッサリ県オッターヴァ)
Monte d'accordi2(サッサリ県オッターヴァ)

祭壇以外にも月や太陽を象徴すると思われる球状の石の遺物や儀式(祭壇は神と人間の出会いの場と考えられていた)の際に生贄とされた動物の蓄積物の遺物なども見られる。

press to zoom
Anghelu Rugiu(サッサリ県アルゲーロ)
Anghelu Rugiu(サッサリ県アルゲーロ)

紀元前4200年から1800年までの異なる文化により共同墓地として使われて来た 最大かつ最古の人口的な洞窟。

press to zoom
Sant'Andrea Priu(サッサリ県ボノルヴァ)
Sant'Andrea Priu(サッサリ県ボノルヴァ)

島で最大かつ重要な墓地遺跡。墓地がある尾根の上に立つ”鐘楼”と呼ばれる雄大な岩。その形が頭を切り取った雄牛に見えるため後に”聖なる雄牛”と呼ばれるようになった。

press to zoom
Coddu Vecchiui(サッサリ県アルツァケーナ)
Coddu Vecchiui(サッサリ県アルツァケーナ)

Tomba di Gigante(巨人の墓)と呼ばれる、近くにあるヌラーゲの集落の使者を収容していたと思われる共同墓地。

press to zoom
Torre di Bari(ヌオーロ県バリ サルド)
Torre di Bari(ヌオーロ県バリ サルド)

サラセンの海賊から領土を守るために1572年に建てられた砦。

press to zoom
Nuraghe Losa(オリスターノ県アッバサンタ)
Nuraghe Losa(オリスターノ県アッバサンタ)

海抜300mの玄武岩の台地に位置するヌラーゲ。全体的に玄武岩で造られた建物は中央の塔と三葉の砦で構成され、要塞の外壁とさらに大きな壁により防御されており、中にはいくつかの小屋も見える。

press to zoom
Santa Cristina(オリスターノ県パウリラティーノ)
Santa Cristina(オリスターノ県パウリラティーノ)

地理学上にも考古学上にも非常に珍しく重要な“聖なる井戸・サンタクリスティーナ”は神殿として地上に掘られた円錐型の穴で巧みに玄武岩を用いて回りを囲んであり、その規模・保存状態はヌラーゲの中でも完璧なものとされている。

press to zoom
Su Cuaddu 'e Nixias1 (南サルデーニャ県、ルナマトローナ)
Su Cuaddu 'e Nixias1 (南サルデーニャ県、ルナマトローナ)

建造されたのは紀元前1700年~1600年に遡り、島にある最も古い巨人の墓に分類されている。

press to zoom
Tomba di Gigante Su Cuaddu 'e Nixias2 (南サルデーニャ県、ルナマトローナ)
Tomba di Gigante Su Cuaddu 'e Nixias2 (南サルデーニャ県、ルナマトローナ)

Su Cuaddu 'e Nixiasというのはサルド語でニクシアスの馬、の意味で伝説によると馬を繋いでおくための穴が碑の上にあいているからだとか。しかしこれは定かではない。

press to zoom
Tamuli(ヌオーロ県マコメール)
Tamuli(ヌオーロ県マコメール)

3つの巨人の墓、ヌラーゲ、集落が集まった考古学エリア。ひとつのお墓に並行して6つの円錐曲線の信仰石があり、そのうち3つはふたつの突出した乳房で女性を現している。つまり3人の男性と3人の女性により種の継続を保証する神性を表現していると考えられている。

press to zoom
Serra-Orrios(ヌオーロ県ドルガリ)
Serra-Orrios(ヌオーロ県ドルガリ)

青銅器時代のヌラーゲの集落。他の集落を違い、中央ヌラーゲがなく、小さな寺院として識別された2つの構造物があるのが特徴。

press to zoom
Tharros(オリスターノ県カブラス)
Tharros(オリスターノ県カブラス)

紀元前8世紀頃、地中海全域から商船が品物を運び込むのにどのような海の状態のときでも安全に停泊できるようにとフェニキア人によって建てられた町の遺跡。

press to zoom
Ponte Romana(南サルデーニャ県バルミニ)
Ponte Romana(南サルデーニャ県バルミニ)

ローマ期に建てられた石橋。

press to zoom
Su Nuraxi1(南サルデーニャ県バルミニ)
Su Nuraxi1(南サルデーニャ県バルミニ)

1997年にユネスコの世界遺産に認定されたヌラーゲの集落。紀元前16世紀から14世紀にかけて造られたと言われている。最も古い遺跡だが、最良の状態を保たれており、中央部分は4つに分かれた城壁とそれらに囲まれた井戸(くぼみ)と中庭を持つ中心の塔の5つから成り立っている。

press to zoom
Su-Nuraxi2(南サルデーニャ県バルミニ)
Su-Nuraxi2(南サルデーニャ県バルミニ)

1997年にユネスコの世界遺産に認定されたヌラーゲの集落。紀元前16世紀から14世紀にかけて造られたと言われている。最も古い遺跡だが、最良の状態を保たれており、中央部分は4つに分かれた城壁とそれらに囲まれた井戸(くぼみ)と中庭を持つ中心の塔の5つから成り立っている。

press to zoom
Su-Nuraxi3(南サルデーニャ県バルミニ)
Su-Nuraxi3(南サルデーニャ県バルミニ)

1997年にユネスコの世界遺産に認定されたヌラーゲの集落。紀元前16世紀から14世紀にかけて造られたと言われている。最も古い遺跡だが、最良の状態を保たれており、中央部分は4つに分かれた城壁とそれらに囲まれた井戸(くぼみ)と中庭を持つ中心の塔の5つから成り立っている。

press to zoom
Terme di Forum Traiani (オリスターノ県、フォルドンジャヌス)
Terme di Forum Traiani (オリスターノ県、フォルドンジャヌス)

ティルソ川沿に位置する古代ローマ期からの温泉でライオンの頭の形をした水路口からは54℃の熱い硫黄水が溢れ出ている。

press to zoom
Pranu-Muttedu1(南サルデーニャ県ゴーニ)
Pranu-Muttedu1(南サルデーニャ県ゴーニ)

面積およそ20万平方メートルある考古学的複合公園。メンヒル(細長い柱状の巨石を立てたもの)とメガリス(巨石遺跡)がペアやグループで様々なところに分布されており、その数はおよそ60と他に類を見ないほど多い。

press to zoom
Pranu-Muttedu2(南サルデーニャ県ゴーニ)
Pranu-Muttedu2(南サルデーニャ県ゴーニ)

面積およそ20万平方メートルある考古学的複合公園。メンヒル(細長い柱状の巨石を立てたもの)とメガリス(巨石遺跡)がペアやグループで様々なところに分布されており、その数はおよそ60と他に類を見ないほど多い。

press to zoom
Antas1(南サルデーニャ県フルミニマッジョーレ)
Antas1(南サルデーニャ県フルミニマッジョーレ)

最初はカルタゴの神、戦士、狩人、続いてヌラーゲの神(Sardus Pater)が崇められいた神殿。現在の神殿は1836年にラ マルモラ将軍により発見、1967年に修復されたものであるがそれ以前の神殿も2世紀にエジプトの地理学者トロメオにより言及されており有名であった。

press to zoom
Antas2(南サルデーニャ県フルミニマッジョーレ)
Antas2(南サルデーニャ県フルミニマッジョーレ)

神殿から900mほど歩くと古代ローマ期の採石場が3ヶ所見つけることが出来る。

press to zoom
Citta-di-Sulki(南サルデーニャ県サンタンティオコ)
Citta-di-Sulki(南サルデーニャ県サンタンティオコ)

おそらくイタリアで一番古いと思われるフェニキア人により建てられた町。フェニキア、カルタゴ時代のTofet(死産、または産まれてすぐに亡くなった子供の骨壺が埋葬された墓地)、居住地域、地下墓地など多くの遺跡がある。

press to zoom
Nora(カリアリ大都市プーラ)
Nora(カリアリ大都市プーラ)

紀元前9~8世紀にフィニキアの航海者たちによって建てられた町。現在残っているのはローマ期のもので劇場、温泉、住処、石畳の道など。

press to zoom