ちょっとした旅行気分 -その2-

 ビオアグリツーリズモ"Nure"がオープンしたのはちょうど1年ほど前。

 ただまだまだ手つかずのところが多く、ちょっと見切り発進的だったんだけど。

 今回はその後どうなってるかなと言うのと、見学はさせてもらったけど泊まった

 ことはなかったので興味津々でカルメッラを誘って来たってワケ。


 イタリアがコロナ禍でロックダウンした3月初旬からの2ヶ月、それまでちょっと

 ずつだけど順調に入っていた予約が当然ながらすべてキャンセル。

 その後のロックダウン解除後、イタリア本土や周辺のヨーロッパからの予約が

 ぼちぼち入り始め、7月〜8月はなかなかの健闘ぶりだったそう。


 ロックダウン中にもいろいろ手を入れ、入り口の門のところに"Nure"とシンボル

 マーク(ヌラーゲから出て来たブロンズ像を象っている)や各部屋に行くまでの

 通路が出来ていた。


 ふむふむ、お部屋は可愛いし、清潔。だけど、難点は鍵をかけるのに一苦労、まっ

 これはイタリアのホテルなどにはつきものかなぁ。それと虫が多いのは自然いっぱい

 (言い換えれば田舎だから 笑)仕方ないといえば仕方ないんだけど、前日に雨が降った

 せいか、蚊の集中攻撃をカルメッラが受けてしまった😱蚊除けスプレーを出すのが

 遅かったか、、、!蚊除けスプレー&痒み止めは不可欠だ!!

 

    ガブリエレが用意してくれた朝食はサルデーニャの伝統的なお菓子たち、

    近くの工房から仕入れたヨーグルト&自家製ジャム、マチェドニア、、、


 私たちが行った日には他にも2組のフランスからのお客さまが滞在、アントニオも

 ガブリエレもイタリア語オンリーなのでジャスチャーを交えてのコミュニケーション。

 

 カルメッラと話したのは部屋の掃除は頼んでるらしいけど、やっぱり女手が必要かな。

 彼らはピエリーナには頼りたくないらしいし、もちろんピエリーナも家事で手一杯、

 基本ノータッチだしね。あと、片言でのコミュケーションも楽しいけど、英語が

 話せる人が居ればもっと良いだろうな、イタリア外からのお客さま多いみたいだし。

もっともまだまだ進化中なので、私が心配しなくってもそのうちまた良いように変わる

 だろうね😅


 そんなこんなを話しながら海岸沿いを走ってリラックス ディからの帰宅ー!


 #ビオアグリツーリズモ #アルゲーロ郊外 #リラックスディ


tomoko new foto.jpg
​Profilo

’03年よりサルデーニャに移住。家庭料理や食材探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネート

著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)

*ご依頼、ご質問、etc...メールお待ちしています