オリエナのコルテス アペルタス '17

最終更新: 2018年9月10日

*この記事は以前のブログに加筆したものです


'17.9月

 今年もバルバッジャ地方の町村あげての文化祭が始まった。

 もとは"Cortes Apertas-サルド語で直訳すると中庭を開放"と呼ばれ、今では  使われなくなった(中にはまだ人が住んでいることも)古い伝統的なお家を開放し  その村独特の伝統的な"食"や"工芸"、その製造過程を披露する文化祭として  オリエナが始め、その後いくつかの町村で独自に行われていたお祭り。  それをバルバジァ地方の県庁であるヌオーロの商業会議所がそれ以外の町村にも  呼びかけ、約20年ほど前からこの時期にいろんな町村で行われるようになり、  その参加町村数は27(年によって多少変化する)。

 しかし"Cortes Apertas"というのは最初にこの名称を使ったオリエナでしか使えない

 ということになり、それぞれの町村が各自に名称をつけ、総称して"Autuuno in

 Barbagia-秋のバルバジァ"と呼ばれるようになったそう。

 今年のオリエナのコルテス アペルタス、友達のルチアもパーネカラザウを焼くところを

 プレゼンするというので彼女の子供、3歳の双子ちゃんのベビーシッター役をするために

 行って来たよ😅 


 最後は双子ちゃんがお手伝い中。来年は娘ちゃんがパンを焼く姿が見られるかも?🤣🤣


 #サルデーニャをまわろう #秋 #お祭り #オリエナ #職人芸


                   HOMEへ

tomoko new foto.jpg
​Profilo

’03年よりサルデーニャに移住。家庭料理や食材探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネート

著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)

*ご依頼、ご質問、etc...メールお待ちしています