カルメッラ+ガブリエッラのレッスン

最終更新: 2018年10月23日

'17 9月

 カルメッラとガブリエッラ、ふたりとも私の料理の師匠。手先の器用さ、料理センス、

 抜群の味加減、おまけに手早さまでどれを取っても甲乙つけがたいほど素晴らしいと

 思う。しかしやっぱり得手不得手というのはあるので、これを習うならカルメッラ、

 こっちはガブリエッラかな?と勝手に判断して😅レッスンを受けたい、という方々に

 紹介している。

 

 でももし時間があるのならふたりともにレッスンを受けていただきたい。同じパスタ

 でも作り方が違っていることもあるし、お好みに合うようにふたりのイイトコ取りを

 してもらえたら良いな、と思う。


 というワケで貴重なご滞在期間に連続してふたりのレッスンを受けられた今回の

 お客さまはご主人の出張に同行されたという女性おふたり。おひとりはフレンチの

 教室をされているプロの方。


  1日めはカルメッラのレッスン。リクエストのマロレドゥス、ソースは海の幸。

  セコンドはイカの詰めもの、という簡単、でも美味しい!という家庭料理の定番。


  二日めのガブリエッラのレッスンはフレーグラとスピッズス、、、と、スピッズスを

  作ってる最中にガブリエッラがこの方法でカンノーリも出来るのよ、とカンノーリ

  作りもなぜか急遽始まってしまった 笑

  もちろんカンノーリの生地はラードを足して作り、揚げたあとにリコッタクリームを

  詰める。もともとのドルチェのレッスンメニューだったピスティッドゥ(sabaー

  ぶどうの絞り汁を煮詰めて作った甘酸っぱい液体ーを中に詰めたタルト菓子)も完成!

  


ちなみにカルメッラとガブリエッラ、もちろんお互いの存在は知っているものの、まだ

会ったことがない。密かにな〜んかあんまり合わないかも?と思っている私。。。😆


 #マンマの料理レッスン #カルメッラ #ガブリエッラ #手打ちパスタ


                  HOMEへ

tomoko new foto.jpg
​Profilo

’03年よりサルデーニャに移住。家庭料理や食材探求を続ける傍ら”食”をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネート

著書に"家庭で作れるサルデーニャ料理"(河出書房新社)

*ご依頼、ご質問、etc...メールお待ちしています