​アクティビティ

​アウトドア アクティビティ、本格的に行うロッククライミングやサーフィンスポットも

たくさんありますが、気軽に行けるトレッキングコースや動物と触れ合える場所など

いろいろ幅広く見て回りましょう。

ティスカリ1(オリエナ、ドルガリ)
オリエナとドルガリ2県にまたがる山、スープラモンテの奥深いドリーネ(擂り鉢状の陥没地)にある紀元前15~8世紀の村の遺跡。そこにたどり着くまでの険しい岩山をガイド付きでトレッキング出来る。
ティスカリ2(ヌオーロ県オリエナ、ドルガリ)
オリエナとドルガリ2県にまたがる山、スープラモンテの奥深いドリーネ(擂り鉢状の陥没地)にある紀元前15~8世紀の村の遺跡。そこにたどり着くまでの険しい岩山をガイド付きでトレッキング出来る。
ティスカリ3(ヌオーロ県オリエナ、ドルガリ)
オリエナとドルガリ2県にまたがる山、スープラモンテの奥深いドリーネ(擂り鉢状の陥没地)にある紀元前15~8世紀の村の遺跡。そこにたどり着くまでの険しい岩山をガイド付きでトレッキング出来る。
ティスカリ4(ヌオーロ県オリエナ、ドルガリ)
オリエナとドルガリ2県にまたがる山、スープラモンテの奥深いドリーネ(擂り鉢状の陥没地)にある紀元前15~8世紀の村の遺跡。そこにたどり着くまでの険しい岩山をガイド付きでトレッキング出来る。
ティスカリ5(ヌオーロ県オリエナ、ドルガリ)
オリエナとドルガリ2県にまたがる山、スープラモンテの奥深いドリーネ(擂り鉢状の陥没地)にある紀元前15~8世紀の村の遺跡。そこにたどり着くまでの険しい岩山をガイド付きでトレッキング出来る。
鉱山跡(南サルデーニャ県カルボニア)
鉱山跡で石炭の採掘技術を見学出来る地下の坑道。ガイドさんが説明してくれる。
ジィアラ公園1(南サルデーニャ県)
10余りの隣接する自治体から成り立っている自然公園。約270万年前に噴火した火山活動により出来上がった45㎢に及ぶ溶岩台地にはヨーロッパで最後の野生の馬を始め、珍しい動物や植物が存在している。
ジィアラ公園2(南サルデーニャ県)
10余りの隣接する自治体から成り立っている自然公園。約270万年前に噴火した火山活動により出来上がった45㎢に及ぶ溶岩台地にはヨーロッパで最後の野生の馬を始め、珍しい動物や植物が存在している。
ジィアラ公園3(南サルデーニャ県)
10余りの隣接する自治体から成り立っている自然公園。約270万年前に噴火した火山活動により出来上がった45㎢に及ぶ溶岩台地にはヨーロッパで最後の野生の馬を始め、珍しい動物や植物が存在している。
ジィアラ公園4(南サルデーニャ県)
10余りの隣接する自治体から成り立っている自然公園。約270万年前に噴火した火山活動により出来上がった45㎢に及ぶ溶岩台地にはヨーロッパで最後の野生の馬を始め、珍しい動物や植物が存在している。
ジィアラ公園5(南サルデーニャ県)
10余りの隣接する自治体から成り立っている自然公園。約270万年前に噴火した火山活動により出来上がった45㎢に及ぶ溶岩台地にはヨーロッパで最後の野生の馬を始め、珍しい動物や植物が存在している。
乗馬(オリスターノ県)
昔からの根強い馬文化が残るサルデーニャでは島のあちこちに乗馬の出来るところがある。
マリンスポーツ-ウィンドサーフィン(カリアリ)
北から南、西から東、島を囲む海岸ではどこもマリンスポーツが盛ん。
マリンスポーツ-サーフィン(オリスターノ県)
北から南、西から東、島を囲む海岸ではどこもマリンスポーツが盛ん。
ワークショップ(マルミッラ地方)
ハーブ博士から野生のハーブに触れながらいろいろ教えてもらうワークショップ。
ワークショップ(マルミッラ地方)
ハーブ博士から野生のハーブに触れながらいろいろ教えてもらうワークショップ。
シニス半島(オリスターノ県カブラス)
町の遺跡、タロスの奥にあるシニス半島はトレッキング出来るようになっている。
シニス半島(オリスターノ県カブラス)
町の遺跡、タロスの奥にあるシニス半島には野生のヤギが住んでいる。
コルクの木(サッサリ県)
サルデーニャはコルクの木が豊富でワインのコルク生産も世界有数。北側が有名だが、島を走るといろんなところでコルクの木が見られる。
ゴルゴ渓谷(ヌオーロ県バウネイ)
バウネイ郊外を13Kmほど高原に向けてトレッキングすると渓谷が見えてくる。辿り着くまでには野生の豚が現れることも。
ス ゴルゴーネの泉(ヌオーロ県オリエナ)
石灰岩の自然なクレパスから突き出した泉は300L/秒もの湧き水に恵まれたサルデーニャ随一の水源。周辺はきれいに整地され、ピクニックなどを楽しめる憩いの場となっている。
アジナラ島1(サッサリ県ポルト トレス)
島の北端にある野生動物が保護されている無人島で国定自然公園になっている。本島からフェリーで渡り、バスや観光列車、四駆などに乗り、ガイド付きで周遊出来る。島独特の色素欠乏症のロバ。
アジナラ島2(サッサリ県ポルト トレス)
この島には1997年まで12もの留置所があり、テロリストなどが入れられていた。現在は見学出来る。
アジナラ島3(サッサリ県ポルト トレス)
野生動物の中でもなかなか見ることが出来ない角が巻いている野生の羊、ムフローネ。
Show More