​街 並 み

サルデーニャの町、村にはまだ昔の面影が残っているところがたくさんあります。

​この町に住んでみたーい、と思えるような可愛い街並みと共に

どこか懐かしい町村を一緒に散策しましょう。

tomoko(ハート)d.png
アルゲーロ1(サッサリ県)
アルゲーロ1(サッサリ県)

2017年、Giro d'Italia(イタリアで行われる世界的に有名なロードレース)はアルゲーロからスタート。町中がお祭り騒ぎで町の中心地もシンボルカラーのピンクと自転車(部品)で飾られた。

アルゲーロ2(サッサリ県)
アルゲーロ2(サッサリ県)

町のあちこちに飾られている100歳以上の人たちの元気な姿は見た者にまで元気を与えてくれる。ちなみにこの人たちはアルゲーロ以外の人たちも。

アッツァーラ(ヌオーロ県)
アッツァーラ(ヌオーロ県)

町に入ると目に入る大っきな壁画はアッツァーラの女性の伝統衣装。

ボザ1(オリスターノ県)
ボザ1(オリスターノ県)

遠目に見ても可愛らしい町、ボザは町中にもワクワクするスポットがいっぱい!

ボザ2(オリスターノ県)
ボザ2(オリスターノ県)

昔ながらの食料品屋さんという風情の店先。

ボザ3(オリスターノ県)
ボザ3(オリスターノ県)

なんてことないんだけど、カラフルな缶にハーブ(草?)を挿して古い木の戸に吊るしてあるだけでも絵になる。

ボザ4(オリスターノ県)
ボザ4(オリスターノ県)

海を感じる懐かしい感じのドアが可愛い。

カリアリ1
カリアリ1

この通りの住人は玄関先に緑を飾らないといけないルールでもあるのか🤔 見事なまでに緑がつづく小道。

カリアリ2
カリアリ2

パッと眼を見張る派手な色使いの壁画がつづく通り、お店かな?と思ってのぞいた入り口から見えたのはキッチンで調理中の住人さんでした😆

カリアリ3
カリアリ3

こっちの壁画に描かれているのはフラミンゴ、ドアにはカリアリを愛してるよ、って書いてある。

カルロフォルテ1(南サルデーニャ県)
カルロフォルテ1(南サルデーニャ県)

サン・ピエトロ島唯一の町、カルロフォルテにも迷路のような可愛い通りがいくつもある。

カルロフォルテ2(南サルデーニャ県)
カルロフォルテ2(南サルデーニャ県)

パステルカラーの家が並ぶ通りには懐かしいオート三輪(イタリアではまだ現役のものが多い)の姿が見える。

カルロフォルテ3(南サルデーニャ県)
カルロフォルテ3(南サルデーニャ県)

どこに繫がるアーチ???

カステルサルド(サッサリ県)
カステルサルド(サッサリ県)

カゴで有名なこの町の店先にはカゴが飾られていて、編んでいる姿が見られるときもある。

オリエナ(ヌオーロ県)
オリエナ(ヌオーロ県)

イタリアでは夕方になるとおじいちゃんが集まってるのをよく見かけるけど、珍しくオリエナで見かけたおばあちゃんグループ。街並みに溶け込んで馴染んでた 笑

ラヌゼイ(ヌオーロ県)
ラヌゼイ(ヌオーロ県)

家と家の間からは海が見える。

オルゴゾロ1(ヌオーロ県)
オルゴゾロ1(ヌオーロ県)

戦争や政治的な壁画が多いこの町で見かけたちょっとユーモラスでほっとする壁画。

オルゴゾロ2(ヌオーロ県)
オルゴゾロ2(ヌオーロ県)

壁画だけじゃなく、壁を飾るのは緑やカラフルな花も。

オリスターノ1
オリスターノ1

毎月第一土曜日の早朝から夕暮れまで開かれるアンティーク市の様子

オリスターノ2
オリスターノ2

町によって描かれている壁画が違うけど、オリスターノには馬や牛、Bisacciaと呼ばれる肩にかける伝統的な布のリュックが渋い色使いで描かれている。

オルトゥエリ(ヌオーロ県)
オルトゥエリ(ヌオーロ県)

内陸の小さい村で見かけた八百屋さん。

オニフェーリ(ヌオーロ県)
オニフェーリ(ヌオーロ県)

この町の人たちを白黒で撮った写真が点々と飾られている。

サンルリ1(南サルデーニャ県)
サンルリ1(南サルデーニャ県)

この町の壁画は他のところと違って目打ちのようなもので壁に線を掘ったような手法のアーティストによるものが見られる。

サンルリ2(南サルデーニャ県)
サンルリ2(南サルデーニャ県)

壁画でなく、陶磁器で作った作品を壁に貼りつけたところもよく見られる。その中にはその場所の説明が記されていることも。